ドイツ国旗

 

 

ドイツの葡萄栽培は、古代ローマの時代に始まったことは確かだが、6世紀末の民族の大移動が終わり定住確立後、広大な司教区と修道院の領地の創設がその発展の基である。

古代からラインの水運はドイツ人の生活を支えてきた交易の大動脈である。

ライン河を通じ、下流域各地やハンザ同盟諸都市、更にはスカンジナビア半島やイギリスまで、ワイン交易を活発に行ってきた。

このライン交易に権力を振るい支配した司教の俗権の強大さもドイツの葡萄栽培に大きな影響を与えた。

ドイツのワイン産地がライン河及びその支流の流域に集中しているは、葡萄栽培の北限にあることにもよるが、この交易の大動脈にあることも大きな要因であろう。

ドイツワインの歴史は、地理的に捉えればラインの歴史でもある。
ここでは、その歴史をたどることにした。

 

目次

1. ドイツの葡萄栽培の始まり
ドイツ最古のローマの都・トリーア(Trier)とモーゼル川流域の葡萄栽培。
2. 中世初期キリスト教トフランケン
ワインの守護聖人・キリアンとフランケン&フランク王国の実態。
3. 神聖ローマ帝国
オットー1世の神聖ローマ帝国の性格&ウォルムスの協約。
4. ラインの水運と大司教の強大な俗権
中世ヨーロッパ交易の大動脈・ラインと大司教の強大な俗権。
5. 宗教改革と30年戦争
宗教改革と30年戦争のもたらしたドイツの荒廃。
6. 疾風怒涛
ドイツ文化の開花。その文学と哲学。
7. ヨハニスベルグ城とメッテルニッヒ
ラインガウの名醸地・ヨハニスベルグ城とその城主・メッテルニッヒ。
8. エーバーバッハ修道院とビスマルク
ドイツワイン文化の華・エーバーバッハ修道院と熱血宰相・ビスマルク。
9. ドイツとフランスの対比
ドイツの主たるワイン産地ライン河流域の歴史と文化を語る名著書「ライン河」の
  紹介とドイツとフランスの対比(抜粋)。