イタリア国旗

1000年の長い歴史のある古代ローマは、その源をギリシャとエストニアに持つワインとワイン文化の華を咲かせた。

イタリアは、そのローマ帝国崩壊後近世まで、フランスのような中央集権的な統一国家をこそ持たなかったが、ローマ・カトリック教会の基に、各地に自立的な都市国家を成立・発展させ、中世後期にはルネサンスの華を咲かせた。

その文化はもとより、ワインを始めとするイタリアの交易は地中海を独占しヨーロッパ中に広がって随一だった。
シエクスピアが舞台を自国の英国ではなくイタリアに求め「ヴェニスの商人」を書いたことでもその活発な商業活動が伺える。

しかし、新大陸・新航路の発見を契機に、ヴェネツィアやジェノヴァ、フィレンツェなどの自治都市を衰退させ、フランス、スペイン、オーストリアなどの外国干渉やそれに続く劣悪なスペイン支配を受け、北方諸国の市場をオランダに奪われる。イタリアのワイン産業も、ルネサンスの輝きと共に、その勢いを完全に無くし、イタリア統一を経て、20世紀になるまで、ヨーロッパの表舞台に登場することはなかった。

ここでは、その歴史を概観し、ワインとワイン文化の足跡をたどることにした。

 

目次

1. ワインの起源とワイン文化
古代ギリシャ & ディオニュソス、古代ローマ & 「ポンペイ」
2. 概観・古代ローマ
「エトルリア文化とペルージャ」「サビーニの女たち」 「奴隷と市民権」 「カエサルのガリア支配」 「ローマ人の美食」 「パントサーカス」 「古代ローマのキリスト教」 「帝政末期のゲルマン出身者」。
3. ゲルマン民族大移動
ローマ帝国の崩壊とゲルマン部族による支配&教会組織と法王権の確立。 「カノッサの屈辱」。
4. ワイン文化を引き継いだ司教と修道院
ローマ文化・文明衰退・変質期の葡萄栽培。
5. シチリア王国の誕生と変遷
中世のシチリアと南イタリア。「皇帝フリードリヒ2世とそのパレルモの宮廷」。
6. 十字軍と商業都市の興隆
自治都市(コムーネ)の成立と十字軍の影響。法王権の拡大。
7. 中世のポー河流域と「ミラノ」
ランコバルト王国からヴィスコンティ家のミラノまで。
8. ルネサンス期の農村
農村社会の変化と南北イタリアの農業形態の違い。
9. ルネサンス(14~15世紀)
ルネッサンスと自治都市(コムーネ)の君主制。
10. ヴェニスの商人とワイン
ルネサンス期のヴェネツィアの商業活動とワイン交易。
11. ウルビーノとサン・マリーノ共和国
欧州随一の宮廷を持ったウルビーノとそれを支えた産業&世界一小さな共和国「サン・マリーノ共和国」
12. イタリア経済・文化の衰退と外国干渉
新大陸発見による通商路の変化とイタリアの商業衰退。外国の干渉・支配。
13. サルデーニャ王国と統一イタリア
統一イタリア共和国の設立。カヴールとガリバルディの活躍。
14. 「質より量」の葡萄栽培
近世以降、政治・経済の変動がもたらしたイタリアワイン産業と統一イタリア創建に貢献した3人の指導者と葡萄栽培。「統一イタリア初代首相・カブールとバローロ」「りカソリ男爵とキャンティ」「ガリバルディとうどんこ病」。